Life

複合の面白さ

Life

通常の会社は一つの仕事に長けているから商売になり会社も発展する
YASUDA SHIPYARD GROUP(YSYG)は業界を飛び越えてワクワクすることを追求する
自分たちは何屋だ!って決めつけて可能性を狭めている会社がほとんどだと感じる
自分たちはこの道のプロだから このビジネスに精通している
長きに渡りこの仕事をしているなど 色々なことを言うが
それは当たり前で普通の事 みんなそう
その言葉で可能性は狭まると思う

発想が自分が決めた枠の中でしか生まれなくなる
そしてそこを飛び出さないように注意すら払うようになる
せっかくの才能をも制限する
人は単一の物で満足はしない 興味の対象は多岐にわたる
当たり前のこと 興奮と感動を何から得るのか?
その中で自分は何が好きなのか? そんな観点でYSYGの仕事は形成され
横に広がってゆく そして一つ一つの会社は小さなままでいる
私の好きなものの対象人数が非常に小さい人数だから こちらも小さくないと
ミスマッチが発生して ブランド側も私たちもお客様にも不幸な結果をもたらす

だからYSYGはスモールラグジュアリーカンパニー(SLC)であり続ける必要がある
小さい会社の集合体 YSYGはより個性を増して前進します
ことしはまた何か新しいことが始まる予感

コメントをどうぞ

自分を表現する

Life

表現には知識と高い技術とセンスが必要
例えば船造り 
自分の理想とするかっこいい船を造るということは船好きにとっては共通の夢
それでは質問です
 Q .あなたにとってかっこいい船とはどんな船ですか? 理想の船の絵を描いてください
   A.・・・・描けません 変な絵になってしまいました
 Q. 素材や建造方法はどのようにしますか? 素材は?重心位置は適正ですか? 船底の形状はどのようにしますか?などなど
   A.・・・・知識がなくわかりません

これでは船など出来るわけもなく 理想も何もあったものではありません
絵が描けなければ 現物にたどり着くこともできない 造船の技術や素材やデザインができなければ一歩も進めない
進んだとしてら丸投げだ

要するにできたものを批評批判することは『簡単』だが0から造るということは難しいのです
デザインものなので好き嫌いは常につきまといます 万人ウケするようなものはありません
デザインとは批判批評の対象を世に出して 様々な批評批判や追従者を作り出せる力を持ったものにしか
出来ない大切な仕事である 常に批判批評される側に身を置きたいな 
だってそっちの方が楽しいですから(笑) 船以外も表現したいと思っているものが強烈にあります

 
そもそも表現する人はなぜ表現するのだろうか?
この部分は一番説明ができない部分だ
自分はなぜ表現をしようとしているのか?

それがファッションだったり アートだったり 歌だったり 小説だったりと
様々なジャンルにおいて表現する人はいる そういう表現者への憧れは子供の頃より強い
と思う 憧れは絵描きであり 歌手であり 小説家であり 建築家だった
そもそもこのような方々は歌が好きで歌っているだろうし 小説を書きたくて
書いているだろう 
すなわち内なる情熱や思想を何かを使って表現しようとしいるわけでもないのだろう
その時点で才能が思考を超えているわけで 素晴らしい事だと思います

私の場合は明確にこんなことを世の中に伝えたいというものがあり
すなわち哲学や思想があり そこになんらかの表現媒体が介在して 表現できる事になる
すなわち才能は思考を超えていない というか そういうアーティストや天才たちとは
程遠いところにいることを常に意識をさせられている

だから過去からのヘリテイジを大切にするしそこから学ぼうともする
そして人からも学ぼうとする 昔からアドバイスは受けにくい性格だったようで
あまり受動的にアドバイスをもらうということがなかったので
会いにゆくしかない 見にゆくしかないというややこしさはある
そして興味の対象は 世界で通用するのか?という部分が大きい
どんどん希薄化するするボーダーと反動なのかナショナリズムも感じる時代だ
時代と人類のバランスなんだろうと思う
1地域のことで深刻になりすぎると世界は繋がっているようで繋がっていなくて
そんなことは世界的に見たらどうでも良いことだったりする(個人やグループや会社にも当てはまる)
観点が異なるということは 様々な形でそこから抜け出す可能性を見いだせるかもしれない
そんなへそ曲がりの観点はどんな時代でも大切である 
目の前の事や人を信じることも疑う(主に覚悟を疑う)ことも前進する上ではとても大切なこと
俯瞰することがいつの時代も人間関係も仕事も大切だと思う 
「自分に何ができるのか?』は関係なくて『何が伝えたいのか』
『伝えるためには伝える技術が高くないと伝わらない』
わけだから できるだけ自分を高めなければ話にならないし 
自分だけではできないことは助けてもらわなくてはならない
ただしその核に自分がいて情熱や哲学を発信しなければ意味がない
そこを他の才能に丸投げしてしまう表現者や提案者と言われる人を多く見受ける
それでは表現に迫力がないんだよね

その表現の核となるべく 日々勉強ということになる よって今も世界をフラフラと
自分探しの(OL風)旅をしている(笑)
『今自分がやっていることは一直線に日本(世界/人類)のためになっているか?』常に自分にも
他人にも同じ目線で評価をする それが興味を持つか持たないかの基準であることが多い
日本の為になってなさそうでなっているのが野澤の人生なのである
戦略は明確 手段は様々なのでわかりにくいかもしれないが常に日本を考える
数年後何ができているのか できていないのか 全くわかりませんが
もともとあまり無いことをやろうとしているだけなので なくても迷惑はかけません
ここスペイン・バルセロナでもいくつかの発想の出会いがありすでに旅の目的は大きく前進した感覚がある

コメントをどうぞ

お客さんの初クルーズ

Life, Yasuda Shipyard

お客さんの初クルーズ
堀江と金城楽しそう 天気良し13394187_1019672704777128_4567820982604671187_n

タグ: | コメントをどうぞ

花市場の朝 久しぶり

Life

花市場の朝 久しぶり13428619_1018798771531188_8660405085808173715_n 13428539_1018798741531191_9081972798690276249_n 13427838_1018798738197858_8846194396545733517_n 13394028_1018798778197854_2957079808386385991_n

タグ: | コメントをどうぞ

恵比寿公園前 オルゴーリオ

Life

恵比寿公園前 オルゴーリオ
ここは本当にうまい 赤牛の焼き方も最高だ
http://orgogliodelcasalta.com

 

 13413104_1018465218231210_8749626184960859419_n
タグ: | コメントをどうぞ

良いレストランでした

Life

良いレストランでした
なぜか最後は奥野シェフと格闘技談義(笑)楽しかったです13335636_1017402821670783_2629025981481090919_n

タグ: | コメントをどうぞ

今日はB&B ITALIA ショールーム入れ替え

Life

チラ見せ
今日はB&B ITALIA ショールーム入れ替え
1階はアウトドア家具が沢山
チャールズアウトドア
あのミラノのマンダリンのアウトドアスペースのソファですね〜 憧れのアウトドア家具です もちろんインドアでも使えます
アウトドアでもB&B ITALIA 最高です
これ以外にも魅力的なのがあるので見に来てください13327593_1017173658360366_5688512124373528198_n 13394024_1017173661693699_6413972704175709605_n

タグ: | コメントをどうぞ

打ち合わせの前にTsiteのガーデンギャラリーのCCC Awards

Life, Yasuda Shipyard

打ち合わせの前にTsiteのガーデンギャラリーのCCC Awards とても気になるものがある 明日までだよ13332896_1017165048361227_5471094531686796084_n13325457_1017165148361217_8481265357264575773_n 続きを読む

タグ: | コメントをどうぞ

BARのテラス DEDONの家具が良い感じ

Life, Yasuda Shipyard

BARのテラス
DEDONの家具が良い感じ13319893_1016659028411829_5020893425298019390_n

タグ: | コメントをどうぞ

夕方になり 風も落ちて 太陽も出て いい感じ

Life, Yasuda Shipyard

夕方になり 風も落ちて 太陽も出て いい感じ13331048_1015989388478793_7265873447046235307_n 13319870_1015989228478809_7946903618404720455_n 13315669_1015989385145460_8143710929873729286_n

タグ: | コメントをどうぞ