Breakers センターコンソーラー

これから建造に着手するBreakersセンターコンソーラー(CC)
今回のボートショー会場でもCCにはいやでも目が向く

Breakersはとても贅沢な世界一のCCを目指しているので
会場にあるどのCCを見ても当然コンセプトが違いすぎるわけだけど

アメリカでの販売艇数が最大規模のこの市場を勝ち抜いてきている
各ブランドにはそれぞれの個性と機能があるわけで

どのブランドを見ても考えているなと思わせるモノがある
たくさん勉強になった

DSC01586.jpg

これはスカウトというブランド
Tトップがやたらつくりが良く機能もよい気になるブランドです

DSC01655.jpg

こちらはご存じエバーグレースのパイロットというモデル
完全にエンクローズされた操船席が特徴だ

耐候性にすぐれ日本でもすごくよさそうだ

DSC00841.jpg

こちらもエバーグレーズの通常モデル

この形は機能面で流れを作り出すだろう
デザイン面でも好きだな

DSC01723.jpg

でもこのパイプ組のものには戦闘的で機能美があり
やはり惹かれるものがある

アメリカの文化ですねこれはもはや単純ではない
それぞれの考え方で同じものはほとんどないわけで

見ているだけでは理解できない形状だ

このパイプは何のためにその形状になったのか
各社失敗の歴史の中で見出した機能が光る

日本で通用する船は見ている限りそうたくさんあるものではない

世界的に見ても厳しい日本の波の中でのフィッシング
それをいかに快適にそして楽しめるかに妥協しなければ

日本が性能の高い船を生み出すことができる理由は
その厳しい環境にあると考える

カテゴリー: Florida   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">