日本には船造りの人員や地域協力の元となる同業社や、関係協力業社も居ません

日本には船造りの人員や地域協力の元となる同業社や、関係協力業社も居ません
これは今回の三菱重工のクルーズ客船だと余計に難しい タンカーなどの各種輸送船などとは違うノウハウや経験センスが求められます
小型船舶で言うところの 漁船、作業船とラグジュアリーなクルーザーが全くノウハウも精度も異なる仕事であるようなものなのです
今回の三菱重工の仕事を見ると 今の日本の船造りの難しさとわずかに残された光も感じます この光が消えないことを祈ります
現場の苦しさは私も他人事ではなく全く自分の事と捉えています プレジャーボートで世界を目指すことのできる可能性を持った数少ない会社として頑張らねばと孤独感とともに熱い思いが湧き上がります01

カテゴリー: Yasuda Shipyard   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">